2019年11月26日

一流アーティストだけが持つ「野生の眼」の正体

時代の変化をいち早く捉えるには、アーティストの嗅覚に頼るといい。『アート思考』(プレジデント社)の著者で東京藝大美術館長の秋元雄史氏は「現代アーティストの役割は、これまでの古いしきたりに囚われない見方を創造して、イノベーションを起こすこと。そのため優れたアーティストは、さまざまな常識を疑う『野生の眼』を持っている」という――。